6/9に第1回 KARADA発見!が開催されました。
今後の活動の糧となる
インパクトある情報を大量にインストールできました。

講師はベテランのおふたり…セラピストで自己観察PRO講師の松平道明氏と整体師の久米伸幸さん。
この日の参加者さんは、ほとんどが整体も行う温熱セラピストさんでした。

午前中は講義、午後は手技の伝授という構成で行われました。

午前中は濃密な講義。
何万人もの方を施術してきたおふたりの体験に基づくレクチャーは
現場にダイレクトに役立つ…とても現実的でコアな話ばかり。
特に人の身体を触る者としての、哲学、基本となる姿勢、学ぶ指針などが短い時間に凝縮して盛り込まれていました。
視野が広がると同時に、そぎ落としもできた、有意義な講義でした。

午後は実技をみっちりと行いました。

手の使い方の極意
有効性の高い手技など…
今後の実践は必須ではありますが、この日だけでも大きくスキルアップできました。

手の使い方ひとつで身体の反応が違うということを
理論と体感双方からのアプローチで認識。
改善ポイントも得たので、今後の訓練に役立てていきます。

いくつかの手技を伝授いただきました。
手の使い方、意識の向けかたにコツはあるものの、汎用性が高くとても洗練された手技を教えていただきました。
そのうちのいくつかは、海洋温熱との組み合わせで相乗効果がありそうなものも含まれていて、施術がさらにグレードアップすることも期待でき、今後が楽しみです。

受ける方への負担も少なく有効性も高く、単独で受けても価値ある施術だと感じました。

微細な動き
これは一朝一夕で、できるようになるわけではありませんが、
プロ中のプロは、その動きに秘められている力を活用しているようです。

松平氏が講座で時折語っている、小さなことが大切ということの一端を垣間見たような気がしました。

海洋温熱も大きな動きやリズムの中に微細な動きが含まれていて、その組み合わせの妙で熱を入れていきます。
整体は手や身体の動きを、人に伝えていくという点では、さらに繊細さを要求されます。

今回は、セラピストが意識を向けるべきベクトルのいくつかを的確に示してもらいました。
経験の厚みがもたらす洗練された情報を得ることができた貴重な1日でした。

あとは、日々の研鑽へつなげます。

参加くださったセラピストの先生方、講師のおふたり、どうもありがとうございました!

主催一同:松平道明 南里優未子 東白川裕子
文責:南里優未子

参考ページ一覧

KARADA発見!
自己観察PRO
Oceans Thermo Therapy 海洋温熱

お問い合わせはこちら↓

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事