テクニックで無理な領域

ヒトは自分の思考や感覚をすべて自覚するのは不可能で。

他者に関しては「わかるはずがない」ぐらい不可能です。

不完全過ぎるヒトという存在。

しかも、ひとりひとりまったく違う世界を生きています。

そして…

その世界は、止まることなく変化しつづけています。

そして…

生きていくには、一歩を出す方向をずっと選びつづけていくしかありません。


誰しも「しんどい」。


だけど…

人の数だけ世界がある。
その世界を伝え合うことができる。

ということは
「なんて豊かな広場!」と思ったりします。

ただし、脳内ホルモンも含めて、身体が元気のないときには、まったく豊かだなんて思わないワケです。

ヒトは身体を持っています。
それは、とても素敵で、とてもしんどいことです。


素敵でしんどいところはすべての人が共通しているところですから…

誰しも、何か発見があったら、伝え合う同士です。

陰でとか、匿名でとかは…意味がないのは、それは伝え合えないから、ざんねんなエネルギーの使い方です。

正解はなく、正解はひとつではなく、答えもなく、すべてが答え、誰も悪くなく、誰も正しくない

禅問答が腑に落ちないのは、この世界が腑に落とせる世界ではないから。


テクニックを必要とする行動を、動かしている視点がいる世界は、テクニックの通用しない矛盾の世界。

足もとには何にもないので、こわさがありますが、それを知っても平気な人がいるのは驚きます。

どういう世界に住んでいるの⁉︎すごいな!と思います。

自分とまったく違う世界観を生きているヒトは、言葉も反応もまったくちがうので、発見があります。

伝え合う場なら、他者の世界を知ることができるのです。

異なる世界を伝え合う。

そこには熱があります。


Activateplaceは伝え合う「場」です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事